• トップページ
  • お知らせ
  • ライブラリーオブザイヤー2018最優秀賞&オーディエンス賞のW受賞!

勝沼図書館が2018年度の日本1に輝きました!

「Library of the Year(LoY)2018」最優秀賞&オーディエンス賞のW受賞!

   《受賞理由(抜粋)》
※詳しくは「IRI知的イニシアチブ」のサイトをご覧ください
  第1弾情報 11月1日
  第2弾情報 11月6日
~「当たり前」の実践としての
「ぶどうとワイン」という地域資源の開拓と活用~
 

開館以来20年以上、「当たり前」のこととして、
地域の歴史・文化・産業、 つまりは「生活」そのものである
「ぶどうとワイン」に関する資料収集に始まり、
地域資源としての「ぶどう・ワイン」に焦点を当てた地域研究を
一貫して実践してきている。 (中略)
一連の取り組みは課題解決支援や農業支援と言う言葉
が登場する以前から、当地における「当たり前」の実践として
なされていることも申し添えておきたい。
   「LoY」とは、「良い図書館を良いという」ことを目標に、
「NPO法人 知的資源イニシアチブ」が毎年授与する賞です。

「従来の図書館のイメージを覆す図書館サービスを提供し、
これからの図書館の在り方を示唆するような先進的な活動を
行っている機関を評価する」という観点から選考が行われて
います。
   今年度は、LoY2018選考委員および外部推薦で寄せられた
29施設・団体・サービスの中から
第1次選考会・第2次選考会を経た4機関がLoY2018優秀賞に
選ばれ、
10月30日(火)にパシフィコ横浜で行われた最終選考会での
4機関によるプレゼンの結果、
「最優秀賞(審査員5名による投票)」と
「オーディエンス賞(140名のお客さんによる投票)」の
両方を勝沼図書館が受賞しました!

   「勝沼図書館で持っているブドウとワインに関する資料を
活用して、地域を応援しよう」と当時の職員がスタート
させた事業が、
21年の時を経てこのような形で評価していただけたのは、
「ブドウとワインの資料収集」
「アニマシオン活動」
「カムカムクラブ」など、
勝沼図書館の活動を「応援してくださった利用者の皆さん」と
「つなげてきてくれた職員の熱意」のおかげです。

 関わってくださったすべての皆さん、
   本当にありがとうございました!
  これからも、「本」と「人」と「地域」をつなぎ、
産業・農業の根っこを支え、
市民の皆さんに誇りに思っていただけるような図書館で
あれるよう、市内図書館職員一同、全力で励んでいきたい
と思います。
   今年で21回目を迎える「ブドウとワインの資料展2018」は
  「ぶどうとワインからはじまる
      ジョージア発・甲州⇔甲州発・世界」

をテーマに、11月29日(木)まで
勝沼図書館にて開催しています

これまでの資料展の歴史を振り返るコーナーもありますので、
この機会にぜひ勝沼図書館にお越しください。
   

★プレゼン及び授賞式の様子は
Facebook「甲州市の生涯学習課」でも報告しています。

★当日配布資料はこちらをご覧ください(印刷可)
 →歴代『ぶどうとワインの資料展』タイトル
  • かんたん検索

    署名、著者名、出版社、内容注記等のキーワード検索ができます

  • 蔵書検索
  • ご利用状況
  • 申請書ダウンロード
  • 第二次甲州市図書館基本計画
  • 第二次甲州市子ども読書活動推進計画
  • リンク集
  • 甲州市生涯学習facebook
  • 甲州市公式サイト
  • 申請書ダウンロード
  • 第二次甲州市図書館基本計画
  • 第二次甲州市子ども読書活動推進計画
  • リンク集
  • 甲州市生涯学習facebook
  • 甲州市公式サイト