日本の「鉄道王」雨宮敬次郎

塩山市で生まれた雨宮敬次郎さんがこのたびマンガになりました!

日本の「鉄道王」ともいわれ、JR可部線の生みの親、1846年(弘化3年)9月 現在の山梨県塩山市の名主 総右衛門 の次男として生まれる…。
甲州市在住の男の子が雨宮啓次郎について、本を読んだり市内を歩いたりして研究していくストーリーです。

表紙~序章~第1章「百聞一見」

第2章「木の貯蓄(軽井沢落葉松林)」

第3章「鉄道王への道」

第4章「天下の雨敬」

終章

全ページを連続したPDFファイルは甲州市サイトで公開中です!
B&G財団「ふるさとゆかりの偉人マンガ 鉄道王と呼ばれた男 雨宮敬次郎の生涯」を発行しました

蔵書検索・利用照会